Recent Topics 2021 それ以前

ミューズ・トロンボーン・カルテット デビュー・ツアー

ブラニミール・スローカー氏の薫陶を受けて、南西ドイツ放送交響楽団の首席トロンボーン奏者スライドジャパンのメンバーを務め、コンサートやマスタークラスで世界的に活躍している清水真弓 氏が、ヨーロッパで活躍する日本人女性トロンボーン奏者とミューズ・トロンボーン・カルテットを結成した。8/9〜20に名古屋、高崎、大阪、東京、松山、静岡、那覇の各地でデビュー・コンサートを開催する。「Song & Dance」と題して様々な時代・国籍・ジャンルの「歌」と「踊り」の音楽を、打楽器や児島瑞穂 氏のユーフォニアムの持ち替えなど多彩な表現を交えて取り上げる。演奏会場では8/24発売予定のデビューアルバムを先行発売する。詳細はこちらまで。

(2022/8/8)


郡 恭一郎による6枚目のソロアルバム

シエナ・ウインド・オーケストラのトロンボーン奏者 郡 恭一郎 氏の6枚目のソロアルバム「Étincelle」(エタンセル)が5/20にリリースされた。今回は、ブラスバンドおよび吹奏楽のための作品で有名な作曲家 フィリップ・スパーク作曲のトロンボーン協奏曲と元々は管弦楽曲であるストラヴィンスキー作曲の「プルチネッラ組曲」のトロンボーン独奏版という、いずれも演奏時間が20分を超える大作に加え、金管教本で知られるアーバンがコルネットのために書いた超絶技巧曲である「ヴェニスの謝肉祭」による変奏曲を収録。フランス語で「火花、輝き、きらめき」を意味する「Étincelle」にふさわしい内容になっている。詳細はナクソス・ジャパンによるアルバム紹介のページまで。


(2022/7/31)