Current Topics(2017)

Trombone Index 開設18周年!

「ジャンルを問わないトロンボーンの情報源」Trombone Indexが、2017/9/19に開設18周年を迎えました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。演奏会・ライブ、イベントなどの更新情報は twitterfacebook でもご覧になれます。トロンボーンに関するコンサートやイベントなどの情報がありましたら、できる限り掲載したいと思いますので、お寄せください。特に東京以外の情報をお待ちしております。

title.gif

(2017/9/19)


東京トロンボーン・オーケストラ 1st CD「Trombone Gallery」発売記念公演

大編成トロンボーン・アンサンブルを積極的に手がけてきた山田裕治 氏を中心に2004年に結成された東京トロンボーン・オーケストラが、6/24に1st CD「Trombone Gallery」をリリースした。大人数ながらプロ奏者ならではの優れたアンサンブルの演奏となっている。昨年演奏会で取り上げて好評を博したベートーヴェン作曲の交響曲第9番などのオーケストラの名にふさわしい管弦楽曲の編曲版からオリジナル作品まで多彩な曲目を収録している。

今年で第14回目となる定期公演「Trombone Gallery」は、このCDの発売記念公演として7/10に東京で開催される。CDの詳細はマイスター・ミュージックのページ、演奏会の詳細は東京トロンボーン・オーケストラのページまで。


amazon.co.jp で詳細を見る
曲目:
1. ブランデンブルク協奏曲 第3番 BWV1048 I.(Allegro)  2. ブランデンブルク協奏曲 第3番 BWV1048 II.Adagio  3. ブランデンブルク協奏曲 第3番 BWV1048 III.Allegro  4. 間奏曲 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より  5. 交響曲 第9番より I.Allegro ma non troppo,un poco maestoso  6. 交響曲 第9番より II.Molto vivace  7. 交響曲 第9番より III.Adagio molto e cantabile  8. 交響曲 第9番より IV.Finale  9. ウインド・オブ・レインボー・アイランド 東京トロンボーンオーケストラのための  10. 枯葉  11. 20人のトロンボーンのためのジャズ・コンディメンツ I.Slowly  12. 20人のトロンボーンのためのジャズ・コンディメンツ II.Boldly 

(2017/7/6)


スライド・ファクトリー2017、インターナショナル・トロンボーン・フェスティヴァル

オランダ・ロッテルダム市内にて2005年より開催されている世界的トロンボーン・フェスティヴァルであるスライド・ファクトリーが、4/13(木)〜16(日)に4年ぶりに開催される。全く異なる趣向とキャスティングで、想像を超えた芸術性とエンタテインメント性が用意されている。

スライドジャパンの品川 隆 氏が公認日本語窓口として、フェスティヴァル申し込み、渡航(格安航空券等)、宿泊(ホームステイ可能)、期間前後のコンサート・イベントや観光、楽器工房巡りなど、できる限りサポートするとのこと。日本からの参加者は3/13までの申し込みでフェスティヴァルパスの早割あり。

出演予定のアーティストは、トロンボーンの歴史を変えたソリスト・作編曲家・指揮者であるクリスティアン・リンドバーグ 氏、ファンク・トロンボニスト ニルス・ラングレン 氏、ドイツWDRビッグバンドのアメリカ人ジャズ奏者 マーシャル・ギルクス 氏、"シカゴ・スタイル"の歌うデトロイト響バストロ奏者 ランダル・ホーズ 氏、メトロポール・オーケストラのジャズトロンボーン・レジェンド バート・ファン・リール 氏、抒情的演奏で知られるスウェーデン放送響のホーカン・ビョークマン 氏、22歳でバストロに転向したニューヨーク・フィルの名手 ジョージ・カラン 氏、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団とニュー・トロンボーン・コレクティヴのメンバーでもある世界的ソリストであるユルゲン・ファン・ライエン 氏、pBoneの楽しさを広めているミスター・ピーボーン 氏、ホストを務めるニュー・トロンボーン・コレクティヴなどなど。

日本語の案内(PDF)はこちら、その他詳細は http://www.slidefactory.nl/ または https://www.facebook.com/events/1808808259444760/ まで。

(2017/2/26)


清水真弓が加わったスローカー・トロンボーン四重奏団の全国ツアー

世界的に著名なトロンボーン奏者 ブラニミール・スローカー氏が40年以上率いてきたスローカー・トロンボーン四重奏団が、南西ドイツ放送交響楽団 首席トロンボーン奏者でソリストとしても活躍している清水真弓 氏と元メンバーでベルリン放送交響楽団 首席トロンボーン奏者エドガー・マニャック氏をメンバーに迎え、新たに活動を開始した。3/5〜22に名取(宮城)、札幌、名古屋、大阪、富山、松本、広島、鹿児島、福岡、東京、那覇と、北海道から沖縄までを巡る全国ツアーを開催する。従来からのレパートリーに加え、新たな曲目も加えた幅広く楽しめるプログラムとなっている。(那覇公演は完売)

スローカー・トロンボーン四重奏団は長年活動してきたメンバーによるファイナル・コンサートを2013年に開催しファンから惜しまれていた。

今回の演奏会では、来日メンバーで新たに録音された最新アルバム「レジェンド」が先行発売される(一般発売は3/22)。詳細は前田・アンド・アソシエイツのページまで。


(2017/2/26)


日本トロンボーン協会 第19回トロンボーン・アカデミー&フェスティバル

日本トロンボーン協会では毎年恒例のトロンボーン・アカデミー&フェスティバルを3/11(土)〜12(日)に東京で開催する。

3/11(土)は日本トロンボーン学生連盟 定期演奏会、プロ・アマ交えてのJazz・Popularアンサンブルセッションナイトが開催される。

また3/12(日)は中部フィル 森川元気 氏によるウォーミングアップ講座、アレキサンダー・テクニーク講師 佐藤 拓 氏による「演奏の科学と局所性ジストニア」のレクチャー、内田日富 氏、苅込博之 氏、三塚知貴 氏による「JAZZ 初めの一歩!」と題した初歩アドリブ、JAZZにおける初歩のタンギング、初歩のJAZZアンサンブルの講座、アマチュアやプロによるフェスティバルステージ、2016年度の協会コンクール入賞者・団体 披露演奏、トロンボーン ピース・オブ・ザ・イヤー2017作曲賞 演奏審査、向井滋春スーパートロンボーンズ(向井滋春 氏、佐藤春樹 氏、中路英明 氏、河野広明 氏ほか)によるスペシャルコンサート、「タンホイザー序曲」「アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド」の全員合奏、国内外の各メーカーの最新モデル展示・試奏大会「TROMBONE EXPO 2017」、プライベートレッスン、といった企画が用意されている。

以上のイベントには事前申し込みが必要なものもある。詳細は、日本トロンボーン協会のホームページまで。

(2017/2/26)


情報受付フォームの不具合のお詫び

システムの不具合により、2016/8/10〜2017/1/17ごろに情報受付フォームにご記入いただいた情報を受け取れていなかった可能性があります。この期間に情報をお寄せいただいたみなさま、大変申し訳ありませんでした。現在は復旧しております。(2017/2/26)