Recent Topics(2003)

山本浩一郎のCDリリースとリサイタル

ニューヨーク在住のメトロポリタン歌劇場トロンボーン奏者 山本浩一郎 氏がユーフォニアムの外囿祥一郎 氏と組んだCD「Family Tree」が12/13にリリースされる。トロンボーン独奏、ユーフォニアム独奏、それにトロンボーン+ユーフォニアム+ピアノの三重奏が楽しめるCDとなっている。詳細は、佼成出版社のページまで。また、山本 氏は松本(12/7)、東京(12/10)、京都(12/18)でリサイタルを開催し、難曲であるトマジのトロンボーン協奏曲などをとりあげる。詳細は、演奏会情報 のページまで。

中川英二郎とジム・ピューによるE'nJの来日ライブとクリニック

ニューヨークで活躍するジャズ・トロンボーンの中川英二郎とジム・ピューによるE'nJが来日し、12/7〜12にわたって、静岡の浜岡吹奏楽団との共演、大阪、名古屋でのライブハウスへの出演、東京でのライブの開催をおこなう。また、東京(12/6)と大阪(12/9)では、「より良いトロンボーン演奏のための単純な手段」と題したクリニックを開催する。以上、詳細は、Eijiro Nakagawa Official Site のページまで。

(2003/12/7)

                            #####
                          ##     #
                      ####        #
                   #### #          #
                 ########          #
   #### ###########     #          #
 ###  #  ##     ## ####  #         #             ####
 #    #  #       #      #####   ##       #########   ####
 ##  ##  #       #          #####  ########           ##
  ###### #   #######################                ###
       #######            #  #                 ######
                      ##  #  #   ##############
                      ## #########
                      ##

                                           by Kizaki

(2003/12/1)

Sunday Trombonesによるジャズ・トロンボーン・アンサンブル

アマチュアのジャズ・トロンボーン・アンサンブルであるSunday Trombonesが11/30に東京で初の単独ライブを開催する。スタンダードな曲目を中心に、比較的よくジャズで取り上げられるリズム・セクションつきの4トロンボーンズの編成の曲に加え、クラシックの楽譜売場で扱われることの多いトロンボーンのみの編成のジャズ・アンサンブルの曲も数多く取り上げる。詳細は、演奏会情報 のページまで。

(2003/10/31)

Carl Fontana 氏 死去

米国の国際トロンボーン協会のWebサイトOnline Trombone Journalが取り上げたところによると、米国のジャズ・トロンボーン奏者のCarl Fontana氏が10/9、ラス・ベガスで75歳で死去したとのこと。氏が編み出したdoodleタンギングと呼ばれる高速なレガート・タンギングは、その後の多くのジャズ・トロンボーン奏者に大きな影響を与えた。慎んで哀悼の意を表したい。

(2003/10/13)

シカゴ交響楽団 ジェイ・フリードマンチャールズ・ヴァーノンのコンサート

豪華なサウンドの金管セクションで有名なシカゴ交響楽団を長年にわたって支えてきた二人のトロンボーン奏者によるコンサートが、10/28にそれぞれ京都と大阪とで開かれる。40年にわたり首席トロンボーン奏者をつとめるジェイ・フリードマン 氏は、トロンボーンとチューバによる大編成アンサンブル「京都ロウブラスコアー」と共演。ソロ、アンサンブル、指揮、編曲のあらゆる魅力を余すところなく堪能できるスペシャルコンサートとなる予定。1986年よりバス・トロンボーン奏者をつとめるチャールズ・ヴァーノン 氏は、シカゴで研鑽をつんだ大阪フィルのロイド高本 氏率いるトロンボーン・クワイヤ「ザ・スライド・マスターズ」と共演。こちらもソロ、アンサンブルの両方が楽しめるコンサートとなっている。詳細は、演奏会情報 のページまで。

(2003/10/8)

Trombone Index 開設4周年!

「ジャンルを問わないトロンボーンの情報源」Trombone Indexが、開設4周年を迎えることができました。最近では1日に約250名、1ヶ月に5000名弱の方にご利用いただいています。これからもよろしくお願いいたします。みなさんからのトロンボーンに関する情報トロンボーンに関する情報(コンサートやイベントなど)もお待ちしています。

(2003/9/19)

篠崎卓美によるベース・トロンボーン・リサイタル

昨今、東京などでトロンボーンのリサイタルが開かれるようになってきたが、バス・トロンボーンによるリサイタルを聞くことができる機会は極めて少ない。その中、現在大阪市音楽団のバス・トロンボーン奏者の篠崎卓美 氏が、大阪(9/19)と東京(9/23)でリサイタルを開催する。F.ジークマンのコンチェルトを中心としたプログラムだが、この曲は篠崎卓美 氏自身が、曲目のリクエストを募った結果となっている。東京では、合わせて公開クリニックも開催予定。詳細は、篠崎卓美 氏のページまで。

(2003/9/5)

村田陽一 の多彩なアレンジのアルバム

ソリッドブラスのリーダーなど多彩な活動をしている村田陽一 氏の新アルバム「ABSOLUTE TIMES」が7/23にリリースされた。多種多様な編成による多彩なアレンジの曲が収録されているが、トロンボーン愛好家として特に注目したいのは、ヘンリー・マンシーニ作曲による映画「グレン・ミラー物語」挿入曲の「Too Little Time」。ジャケットや宣伝物には表記されていないが、実は、ジャズやスタジオで活躍する村田陽一 氏、広原正典 氏、片岡雄三 氏、辻 冬樹 氏と山城純子 氏に加え、日本フィル首席の箱山芳樹 氏、東京フィル首席の五箇正明 氏、新日本フィル首席の奥村 晃 氏、東京アトラクティヴ・ブラスの藤井良太 氏、東京都交響楽団の古賀慎治 氏、読売日本交響楽団首席の桑田 晃 氏、神奈川フィルの倉田 寛 氏という東京の著名なクラシック・プレイヤーが参加した豪華メンバーによるトロンボーン12重奏となっている(この録音風景は古賀慎治 氏によるページを参照)。他に村田陽一 氏の多重録音によるラウ゛ェル作曲「ボレロ」も興味深い。詳細は、3VIEWS のページまで。

(2003/8/12)

中川英二郎&ジム・ピューによる E'nJ のデビュー・アルバム

現在ニューヨーク在住のジャズ・トロンボーン奏者 中川英二郎 氏が、同じくニューヨークで活躍するジム・ピュー 氏とコンビを組んだトロンボーン・デュオ "En'J"が、7/7にデビュー・アルバムをリリースする。アルバムのプロデューサーは、マンハッタン・ジャズ・オーケストラのリーダーやSuper Trombonesのプロデューサーとして日本でも有名な、デビッド・マシューズ。詳細は、スーパーキッズ のページまで。

(2003/7/7)

向井滋春 FOUR TROMBONES、CDをリリース

近年ライブ活動を続けてきた向井滋春 FOUR TROMBONESが5/25にCDリリースした。メンバーは向井滋春 氏をはじめ佐藤春樹 氏、中路英明 氏、堂本雅樹 氏という、いずれも日本のジャズの第一線で活躍中の4人のトロンボーン奏者に3人の強力なリズム陣を加えたもので、各ソロイストがアレンジを分担したアルバムとなっている。詳細は、Skip Records のページまで。

(2003/7/7)

風早宏隆によるクレストン「ファンタジー」

2000年の第17回日本管打楽器コンクールのトロンボーン部門で第1位を獲得した実力の持ち主の風隼宏隆 氏が、6/28、29に京都にて京都市交響楽団と協演する。曲は米国のポール・クレストン作曲のモダンな作風の難曲「トロンボーンと管弦楽のためのファンタジー」。このコンサートは、京都市動物園の開園100周年記念としてコンサートチケットで京都市動物園にも入場可能で、ナビゲーターにタレントの新山千春が出演し、それでいて入場料が格安の¥1,000と盛りだくさんでお得な内容となっている。詳細は、演奏会情報 のページまで。

(2003/6/9)

山本浩一郎 関西の楽団と協演

米国メトロポリタン歌劇場のトロンボーン奏者としてやソロなどで活躍している山本浩一郎 氏が、関西の二つの楽団と協演する。6/6には、ヨハン・デメイの「Tボーン協奏曲」を日本でも有数の歴史をほこる音楽団体である大阪市音楽団と、6/8には、有名でありながら実演される機会の少ないフェルディナンド・ダヴィッドの「小協奏曲(コンチェルティーノ)」をアマチュアの京都シティフィルハーモニー交響楽団と、それぞれ演奏する。詳細は、演奏会情報 のページまで。

(2003/6/2)

トロンボーンクァルテット ジパング 西日本公演

NHK交響楽団 吉川武典 氏、読売日本交響楽団 首席 桑田 晃 氏、日本フィル 副首席 岸良開城 氏、新日本フィル 門脇賀智志 氏の4人のメンバーで昨年CDもリリースしたトロンボーンクァルテット ジパングが、5/22大阪・豊中、5/24三重・津にて初の西日本公演を行なう。詳細は、トロンボーンクァルテット ジパングのページまで。

(2003/5/12)

中川英二郎のオーケストラとの協演、日本テレビ系列で放送

現在ニューヨーク在住のジャズ・トロンボーン奏者中川英二郎 氏の読売日本交響楽団との協演が、5/21(水)深夜26:03〜27:03の日本テレビ系列の「深夜の音楽会」で放送される。曲目は、同じくニューヨーク在住の五木田岳彦 氏による新作のトロンボーン・コンチェルトと、超絶技巧を駆使したアンコールの「くまん蜂の飛行」。番組では五木田 氏自身によるコメントも紹介される。詳細は、日本テレビのページまで。

(2003/5/16)

関西トロンボーン協会 第15回トロンボーンフェスティバル

主として関西地区のプロ・アマのトロンボーン奏者で構成されている関西トロンボーン協会では、5/3(土・祝)に第15回目となるトロンボーンフェスティバルを開催する。内容は一般公募によるトロンボーン・アンサンブル(トリオ、カルテット、大編成など)のコンサートで、入場無料。大阪市音楽団の篠崎卓美 氏によるバストロンボーン演奏も予定されている。なお、4/25必着で出演団体を募集中。以上、詳細は、イベント情報のページまで。

(2003/4/14)

                            #####
                          ##     #
                      ####        #
                   #### #          #
                 ########          #
   #### ###########     #          #
 ###  #  ##     ## ####  #         #             ####
 #    #  #       #      #####   ##       #########   ####
 ##  ##  #       #          #####  ########           ##
  ###### #   #######################                ###
       #######            #  #                 ######
                      ##  #  #   ##############
                      ## #########
                      ##

                                           by Kizaki

(2003/4/1)

ハイブリッド・トロンボーン四重奏団 デビュー・コンサート

京都市立芸術大学の教授でサイトウ・キネン・オーケストラを始めとする小澤征爾の臨時編成オーケストラのレギュラー・メンバーとして活躍している呉 信一 氏と、その門下生で広島交響楽団の岡本 哲 氏、読売日本交響楽団の新田幹男 氏、京都市交響楽団の小西元司 氏により新たに結成されたハイブリッド・トロンボーン四重奏団が3/30(日)に大阪で演奏会を開催する 。メンバーはいずれもJAPAN BRASS COLLECTIONのメンバーでもあり、そのJAPAN BRASS COLLECTIONの演奏会で披露したトロンボーン四重奏が好評を博したことが、今回のトロンボーン四重奏団結成につながった。コンサートの詳細はコンサート情報まで。

(2003/2/2

阪神国公立大学吹奏楽連盟のトロンボーン・アンサンブル

大阪・神戸・奈良の一般大学の吹奏楽団で構成される阪神国公立大学吹奏楽連盟のメンバーによる第3回六大トロンボーンフェスティバルが3/23(日)に兵庫・尼崎で開催される。日頃吹奏楽で活躍するメンバーらしく、今まで「マーキュリー」や「カンタベリーコラール」、ホルスト「吹奏楽のための第1組曲」などの吹奏楽の名曲をトロンボーン・アンサンブルで取り上げる試みをしており、今回は「オリエント急行」などを演奏する。コンサートの詳細はコンサート情報まで。

(2003/3/11)

日本トロンボーン協会 第5回トロンボーン・アカデミー&フェスティバル

日本トロンボーン協会は、3/22(土)〜23(日)に3年ぶりとなるトロンボーン・アカデミー&フェスティバルを東京で開催する。3/23(日)に開催されるフェスティバルではトロンボーン・クァルテット・ジパング向井滋春4トロンボーンズによるコンサートやトロンボーン・アンサンブル・コンテストの公開審査、「福島ショーン氏(工房アイルリッヒ)によるマウスピース・レクチャー」ほか各種講演会や楽器店ブースなどが予定されている。詳細は、日本トロンボーン協会のホームページまで。

(2003/3/17)

岡山トロンボーン協会 第4回トロンボーン・フェスティバル

岡山トロンボーン協会は、2/23(日)に第4回目となるトロンボーン・フェスティバルを開催する。毎回岡山にゆかりのあるトロンボーン奏者をゲストに招いており、今回のゲストは岡山出身で群馬交響楽団バストロンボーン奏者の市村信持 氏。内容は公開クリニック、コンサート、各メーカーのトロンボーンの展示・試奏会、楽譜・CD・関連商品の展示販売など盛りだくさん。詳細は、岡山トロンボーン協会のホームページまで。

(2003/2/17)

村田厚生トロンボーンリサイタル&ワークショップ in 京都

東京を中心に活動している現代音楽のスペシャリスト村田厚生 氏が2/16(日)に京都にてリサイタルとワークショップを開催する。トロンボーン独奏の作品として名前は知られているものの演奏会で取り上げられる機会はほとんどないルチアノ・ベリオ「セクエンツァ第5番」をはじめとする作品の実演に接することができる貴重な機会となるだろう。ワークショップでは最新奏法のほか、音域、グリサンドなど誤解を招きやすい奏法を解説予定。詳細はコンサート情報まで。

(2003/2/14)

故 山本雅章さんを偲ぶ会

日本人管楽器奏者の海外進出の先駆的存在であったトロンボーン奏者の山本雅章 氏が、昨年12/2に死去した。山本 氏は1946年神戸生まれ、大阪音大を経て、バンベルク交響楽団のトロンボーン奏者として来日中に山本 氏の演奏を聴いたオット・ロッシーン氏の強い勧めで1969年に渡独し同年シュトゥットガルト・ラジオ・オーケストラにソロ・トロンボーン奏者として入団、1971年ドイツ芸術家国家試験コンチェルトライフェの称号をトロンボーン奏者として初めて取得。1974年にチェリビダッケ時代のシュトゥットガルト放送交響楽団のメンバーとなり1・2番トロンボーン奏者として28年間にわたって活躍する一方、元ベルリン・フィル首席奏者(現ミュンヘン音大教授)のヴォルフラム・アルントなどの後進の育成にも尽力した。山本 氏を偲ぶ会が、大阪音大時代の恩師である土橋康宏 氏を発起人として2/16(日)14:00〜に大阪の「ムラマツリサイタルホール新大阪」(旧 音楽の友ホール・新大阪)TEL(06)6398-6988にて行われる。会費無料。生前故人がよく行なっていた恵まれない人への献金にならい、会場に募金箱を設けユニセフへ寄付するとのこと。また関西トロンボーン協会などによる献奏も行なわれる予定。慎んでご冥福をお祈りしたい。山本 氏の半生は、吹奏楽のための月刊ビデオマガジン「ウィンズ」のVol.117Vol.118に詳しい。

(2003/2/13)

中川英二郎 Beat Detectives、FMでオンエア

ニューヨークに居を構えている中川英二郎がトランペットのエリック宮城らと組んで Beat Detectives という名のオクテットを結成した。その演奏が、NHK-FMのジャズのスタジオライブ番組「セッション505」にて2/2(再放送2/7)に紹介される。詳細は、テレビ・ラジオ放送予定:../broadcast/ のページまで。

(2003/1/26)

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional